2009年04月01日

ピッカピカの

新年度に入りましたね!
まだ着慣れないスーツをキュウクツそうに着て、真新しいビジネスシューズ&カバンで歩くフレッシャーズが、街のあちこちで目につきます。


この春は、私の新しいチャレンジとして
そんな新入社員のみなさんに、社会人の第一歩としてまず身につけて欲しいマナー等を覚えていただくための、研修の講師をしています。

リクルート社の関連会社が開催している新人研修です。
アナウンサーとしての経験を、講師として活かしてみてはどうですか?と声を掛けていただき、そこから様々な試験や勉強を経て、サブ講師としてデビューさせていただきました。


あいさつの仕方、電話の受け方、名刺交換の仕方、上司からの仕事の指示の受け方・・・
覚えていただくのは基本的な社会人としてのマナーばかりですが
大切なのは、そのカタチやポーズを覚えることではなく、なぜその動作や言葉が必要なのかという背景を考えてもらうこと。

ですから、単に机に座った講義スタイルのお勉強ばかりでなく、研修中はいろんなワークも行ってもらいます。

様々な業種の様々な企業から参加してくださっているので、受講者ひとりひとりの背景はまったく違います。
当然のことながら、ひとりひとりの考え方も違えば個性も違う。適性も違う。
そんな様々な受講生の個性をひとりひとり見極めつつ、受講生同士の関わりの中で、どうやったら社会人としての基礎的なチカラが身につくような考え方を学んでもらえるか・・・。


とても難しく、たいへんにやりがいのある仕事です。

これまでずっと、たくさんの素晴らしい才能にあふれた若いミュージシャンやサッカー選手と接してきましたが、才能のあるなしと「成長」するかしないかというのは、別のことなんじゃないかと感じていました。
どんなに才能があっても、順調に成長できると約束されたわけではないし、たとえもともとの能力がそれほど大きいものでなくても、その能力を最大限に活かせるように成長すれば、もともと才能がある人よりもさらに輝くことができるのではないか・・・と。


そんなふうに、その人が自分を活かしきるための成長をサポートできたらいいな、と、日ごろぼんやり考えていたので、この仕事は私にとっても願ってもない勉強の機会となっています。


この研修の内容を応用したら、「愛されるロックバンドになるためのステージマナー講座」とか開けちゃいそうです(笑)。誰か受講希望のかたいますか??
posted by ミヤモト at 23:11| Comment(5) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする