2009年05月12日

掲載のお知らせ


本 現在発売中の「TOKYO WALKER」はじめ全国のWALKER誌に、スキマスイッチのインタビュー記事が掲載されています。


それぞれのソロ活動を経て二人で再始動したスキマスイッチ。
新曲の「虹のレシピ」はきっともうラジオ等で耳にしていると思うけれど
ふたりで音楽を作り上げていく喜びをとても素直に歌った、聴いていてなんとも心地よい曲です。


大橋くんに
「これって、大橋くんのソロの“はじまりの歌”に似てません?」
って訊いたら、
ニヤっと笑って、
「あくまで僕個人として」と前置きしながら
「曲作りに向かう意気込みは、確かに重なるところがありました」
って話してくれました。

残念ながらその部分は原稿に生かせませんでしたが
彼らのインタビューはいつも、無駄なことが一つもない素敵な発言ばかりです。


サッカー好きのシンタくんは
「これまでのアルバム3枚で体作りとウォーミングアップが終わって、いよいよ試合開始!って感じです」
とか
「監督じゃなくて選手が頑張ってる感じなんですよ!!」
など、
独特の表現で、ふたたび2人で始める音楽制作についての気持ちを語ってくれました。


そんなサッカー好きのシンタくんとは
毎回、インタビューが終わったあとの世間話でもよくサッカーの話をします。
実はシンタくんと私のあいだにはちょっとした因縁が・・・

それについては、また近々、このブログにこっそり書きますね。
(いつもそう言ってて書くの忘れちゃうんだけど、今度は本当に!)



ところで、タイトルにもなっている「虹」とか、歌詞に出てくる「丸いレインボゥ」って
いったい何のことだと思いますか?


インタビューでは、

「聴く人が自由にイメージしてくれればいい。
いつかどこかで僕らの丸いレインボゥが何なのか明かすかもしれないけれど、
それまではひとりひとりがいろんな解釈をしてくれたらいいなと思います」


って答えてくれたけれど・・・


私の予想では


歌詞のとおりに作っていくと
やがてできあがる、まるいもの

なんじゃないかな? という気がします。
なんたって、タイトルが「虹のレシピ」ですから
(レシピ=
料理などでの「作り方」のこと)



あなたはどう思いますか?
posted by ミヤモト at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする