2009年10月31日

プロとアマチュア

091101_1121~01.jpg
ナビスコ杯決勝直前。
秋晴れの今日は、小平の練習場がサポーターで大賑わいでした。

練習での紅白戦でも、まるで味スタかサテライトの試合かのように
良いプレーには拍手、惜しいプレーには「あ”〜〜〜バッド(下向き矢印)」という声が自然に響いて
いつもの練習場とはちょっと違った雰囲気になっていました。

でも、この雰囲気も今野選手によると「ちょうど良い緊張感」なのだとか。
大一番の決戦を前に、張り詰めた空気は漂いつつも、
浮き足立っている様子はまったく感じられません。
このままの自然体で、持てる力を100%出して、勝利をつかんでほしいものです。


さて、ちょっと話はそれますが。
最近よく「プロ」と「アマチュア」について考えさせられます。
たとえば音楽のことで考えた場合、
一般には、メジャーデビューしていたら「プロ」、
していないと「アマチュア」という括りになるのかもしれませんが、
今や、メジャー契約していなくてもクオリティの高い楽曲を生み出すアーティストはたくさんいるし
その人たちの作品をメジャー並みの品質で製品化するだけの技術も身近なものになってきて
単純に「アマチュア」と言い切れない作品が多く世に出回ることが可能になってきました。
メジャーレーベルと契約していることが「プロ」である必須、という時代ではなくなってきているのかもしれません。

では「プロ」と「アマチュア」の違いって何?
引き続き音楽のことで考えてみると、
「お金を出してその作品を手にしてくれる人に対しての責任を意識できる人」がプロなのではないかと
私は考えます。
アーティストだから、創作意欲や表現欲が内側から湧き上がってくるのは当然だし、
それを自分の思うがままに、自由に表現したいという気持ちがあるのも良くわかります。
ただ、それを自分本位で作り上げてそれに値段をつけて売る、というのは
どんなにクオリティが高いとしても、それは「アマチュア」のレベル。
「プロ」であれば、自分の作品を世に送り出すことの影響にまで意識が届いていなければダメ。

Raiji&Chipsというバンドは、楽曲も演奏もとても素晴らしく、
だから私は会社を興してまで彼らをバックアップしているのだけれど
どんなに言っても、その「プロ意識」の部分が甚だしく欠落していて
その点がとても残念。
自分の身の回りの人だけではなく、
知らないところでお金を払って作品を手にしてくれる人に思いを馳せることができるようになれば
彼らの音楽はもっともっと多くの、遠くの、人にまで届くはずなのに。
クオリティが高い分、あまりの意識の低さが本当にとても残念。
posted by ミヤモト at 21:35 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

カップを奪い取れ!

新型インフルエンザが大流行していますが、きちんと予防を心がけていますか?
私は、インフルエンザ対策は万全なのですが、このところ血圧が低くてちょっとツラいですバッド(下向き矢印)


さて、特別番組のお知らせです。

ナビスコカップ決勝に向けたFC東京の特別応援番組についてお知らせいたします。

□放送局
調布エフエム(83.8MHz)
エフエム西東京(84.2MHz)

□番組名
「カップを奪い取れ!がんばれFC東京 ナビスコカップ決勝直前スペシャル」

□放送日
2009年11月1日(日) 19:00〜20:00

(↑FC東京 オフィシャル メディアニュースより)


この番組に出演させていただくことになりました。
普段から仲良しの、FM西東京の伊達直美さん、大塚まことさんと3人で、
普段、試合前や試合後におしゃべりしているような、ちょっとゆるい感じで
でもしっかりと熱い気持ちを持って! お届けしていきます。
先日取材した、城福監督、原前監督、羽生選手、米本選手のインタビューもお楽しみに。


ところで。
昨夜、石川直宏選手の検査結果詳細が発表されましたね。
思っていたよりも程度が軽かったようで、全治6週間とのこと。
今シーズンのリーグ戦は難しいけれど、天皇杯なら間に合う?!
・・・いやいや、来年のサッカーW杯本大会出場に向けて、
あせらず、じっくりと調子を取り戻してもらうほうが大切。
ただ、もっと長引く怪我かも、という予想を覆す検査結果に、
ああ、やはりがんばっている人を神様はちゃんと見ているんだ・・・と
思わずにはいられませんでした。

posted by ミヤモト at 12:09 | TrackBack(0) | RADIO&司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

The Sun's Song

太陽族.jpg
このところ良く聴いているのが、10月7日にリリースになった太陽族の『The Sun's Song』。

ジャンルには一切関係なく、声に力があって、サウンドから感情が伝わってくる音楽が好きなのですが、
太陽族はまさにそれに当てはまるバンドです。

ただ単にあったかいとかやさしいだけじゃなくて
もっと大きなスケールで、命あるものすべてを包み込むような。
まさに太陽。

悲観主義者がうっかり99個のNOを拾い集めてしまったとしても
たった一つのYESで一気にひっくり返してしまうような
そんなチカラをもったアルバムです。

 
posted by ミヤモト at 10:45 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

米本選手の決意

あいにくの雨模様。
今日は朝から小平のFC東京練習場で特別番組用のインタビュー収録。
(特番のことはのちほど詳しく!)
そして夕方は、同じく特番用に原博実前監督にインタビュー。
さらに夜はサッカーミュージアムで羽生選手とフロンターレの川島選手が出演するトークイベントの見学!

試合のない日にもかかわらず、サッカー付けの一日ですサッカーるんるん


なんてウキウキして小平に着いたら
「浅利選手 現役引退のお知らせ」
というショッキングなニュースが。

FC東京一筋13年。
プロ契約をしない東京ガス社員選手、ということでよく話題に上る選手ですが、
同じポジションにどんな有力選手が移籍してこようとも
気がつくとレギュラーの位置をしっかり確保していたり、
97年の天皇杯では、ベルマーレ平塚との対戦で中田英利選手を完璧に押さえ込んだりと、
その実力は、FC東京サポーターなら誰もが認めるところ。

普段そんなに目立って引っ張っていくタイプではないけれど
チームが苦境に立たされたときには、誰よりも頼りになるのが、浅利選手でした。

つい先日、同じくFC東京一筋で過ごしてきた藤山選手がチームを離れることが発表されたばかりなのに。
サリさんとフジさんの2人を、一度に失ってしまうのは
サポーターの感情としてはどうにも整理がつきません。

浅利選手は引退という決断について
同じポジションの米本選手の名前を挙げて、
若手選手の成長が、ひとつの要因だと語っていました。
そして、やり残したこととして挙げてくれたのが
「ゴールをね…」。
チームがJ1に昇格してから公式戦でのゴールがないことが
ちょっぴり、心残りのようでした。
いやいや、まだリーグ戦も4試合あるし、天皇杯も、ナビスコ決勝だって!
引退という決断は本当に本当に寂しくて残念だけれど
浅利悟という選手を強烈に印象付ける一撃を、まだまだ期待しています。


そして
ナビスコ決勝に向けた応援特別番組のためのインタビューは
寄寓にも、浅利選手が名前を挙げた米本選手。

インタビュー序盤は、いつもどおりの自然体で話してくれた米本選手ですが
話題が浅利選手のことになると、一転して神妙な表情に。

このとき米本選手が話してくれた静かな決意。

「まだ高校生で、FC東京に練習参加したとき、
浅利さんがチームの中でいちばん輝いていたんですよ。
それまで浅利選手のことを知らなかったから
うわっ、誰だこの人。すげぇ!!って。
ゲームの読みも、危険を察知して動く判断も早いし、正確だし
誰よりいちばん働いているし。すごい選手がいる!って。
それで僕は、FC東京に入団することを決めたんです。
あんな選手になりたい、って。
実際にFC東京に入ってもっとびっくりしたのが、浅利さんの人柄の良さ。
どうしたらあんなプレーができるんだろう? っていうのはもちろんのこと
どうしたらああいう人になれるんだろう? って。
浅利さんは僕にとっての目指すべき姿で、心から尊敬する選手で、
だから、できればもう数年は一緒にプレーして
いろんなことをそばで勉強したかったんですが・・・。
浅利さんが、僕が成長したって言ってくれたんですか?
それはめちゃめちゃうれしいことです。
あとを継ぐとか、簡単には言えないけれど、
浅利さんにそう言っていただいた以上は、
今までよりももっと、責任を持ったプレーをしていかなきゃと思います」

要約すると、こんなことを話してくれました。


世代交代、なんて簡単には言いたくないけれど
浅利選手の想いは、しっかりと米本選手に引き継がれたようです。

でも、まだ「お疲れ様」は言いませんからね、サリさん!
来年の1月1日、天皇杯決勝まで、頼みましたよ!

posted by ミヤモト at 22:27 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

日本平

091025_1357~010001.jpg

パルちゃんショーの出番を待つパルちゃんたちを激写!


石川選手のケガ以降、ちょっとブログを書く気にもならなかったけれど、
ここはとても好きなスタジアムなのでちょっぴり気が晴れます。

このあとの試合も、晴れやかでありますように。

今日は携帯サイトの速報担当!
頑張ります!


アウスタに変わってからも日本平と呼んでしまう。。。
posted by ミヤモト at 14:06 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする