2010年03月11日

こんな素晴らしい世界に飛び込もうとしないなんて損だぜ!

もとBUNGEE JUMP FESTIVALの町田直隆くんのライブに行ってきた。
町田くんのソロなのに、BUNGEE JUMP FESTIVALの曲しか歌わないという、ちょっと変わったライブ。

昨年、のどを痛めて歌えない期間があった彼が「歌うこと」と真剣に向き合って到達したひとつの答えが「もっと歌いたい」というシンプルな欲求で、
前のバンドの曲であろうと自分が作った曲に違いないし、これを歌えるのはオレだけだ! という想いから企画したのだとか。


素晴らしかったよ。
声は人を伝える。
彼の声の響きそのものから、歌の喜びがあふれていた。

会場がそんなに広くなかった上に結構前のほうで見ていたんだけど、
ステージに立つ彼の顔は、美しかったな。
町田くんの顔を美しいなんて思ったのは初めてだったし、
そんなこと思う自分がものすごく意外だった。

もともと、ちょっとヒリヒリとするような心の痛みをロックという音楽に変えるのが得意な彼。
BUNGEE JUMP FESTIVAL時代の曲はそれが顕著だったけれど
18歳の頃に作った曲を今の彼が歌ってもまったく曲の幼さが感じられなかった。
最初からずっと、逃げることなくしっかりと自分の感情と向き合って来たからなんだろうな。

生々しい歌詞ばかりじゃなくて、フィクションももちろんあるんだけれど、
そのドラマを描くことによって何を伝えたいのかがブレていないから、
例え歌っていることが作り話であってもまっすぐに人に届くんだろうな。
歌詞の“リアルさ”って、そういうこと。

最初にCDをリリースしてから10年以上が経って、30代になっても
毎日必死で「ロックとは」を自問自答し、もがき続けながらも突き進んでいる町田くんのHP&ブログは
こちら
http://www.machidanaotaka.com/
  http://ameblo.jp/naobaka/


最初にインタビューしてから、もう10年になるかな?
インタビューよりも前に、有線のインディーズチャンネルのことで連絡を取っていたっけ。
しかも、私最初はBUNGEE JUMP FESTIVAL大嫌いだったの(笑)。
あの時期、ほかにものすごく応援していたバンドがいたからね。
同じ時期に人気のあったバンドはみんな嫌いだった。若かったなあ?
でもBUNGEE JUMP FESTVALに魅かれていくのは時間がかからなかった。
その後、今回Raiji&Chipsの『KINGDOM』でお世話になった石田ショーキチさんがBUNGEE JUMP FESTIVALのプロデュースを手掛けたり(2000年くらいの話)
同じく『KINGDOM』のマスタリングを手掛けてくれたエンジニアの上村さんが、町田くんのソロ作も手掛けていたり(2007年の話)
こちらとしては、勝手に縁を感じているんだけれどね。


posted by ミヤモト at 23:11 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

スッキリ

ブログに書きたいことがたくさんあるときほど、
まとまった時間が取れなくて書けなかったりするんだなあ・・・。

Jリーグの開幕戦のこととか
アルディージャの塚本選手のこととか
弊社第2弾のネクライフのこととか

ちゃんと考えをまとめて書きたいのでそうなっちゃうんだけど。
明日かあさってには、時間が作れそうかな?

で、今日は短めに。


私は往生際が悪いというか、しつこいというか、
上手くいかないことに対しての諦めがとても悪いのだけど
この1年間ずっと苦しめられていたことへの努力をやめることを
つい先日、決心した!

そうしたらもう、気分がスッキリ。

上手くいかないことを投げ出すのって本当は好きじゃないんだけど
もうこれ以上は無理。
この問題に対して努力するのをやめることができた自分を
責めるのでなく、ほめてあげたいな。
よくここまで頑張った!
あらゆる手を尽くして、あらゆる痛みに堪えて、出来る限りの努力はすべてやりきったのだから
もう解放されてもいいと思う。

努力をやめたことでスッキリしたのはもちろんだけど
トコトンまで努力を重ねたからこそ、上手くいかない結果にもかかわらずこんなにスッキリしているんだろうな。


まだこの先、相手は私の悪評を流し続けるだろうし、
いろんな形で邪魔をしてくるかもしれないけれど
そんなのもう、小さすぎて全然気にならないもんねっ!


ああ、何て世界は美しいんだろう!

posted by ミヤモト at 22:04 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

配信スタート!

2月3日にリリースされた弊社第1弾 Raiji&Chips『KINGDOM』の全曲が、各音楽配信サイトでダウンロードできるようになりました!



iTunes Storeで、2ndアルバム『KINGDOM』の配信がスタートしました!
こちらからどうぞ⇒Raiji&Chips

音楽配信サイト「OnGen」でも配信が始まりました!

TSUTAYA DISCAS」でも配信が始まりました!

その他の配信先一覧は⇒こちらをご覧ください。 


 
 
posted by ミヤモト at 21:12 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

7勝1敗3分

今年も、調布エフエム「FC東京サッカー中継」でピッチレポーターを務めます!

7勝1敗3分というのは、昨年私が担当した試合の勝敗。

調布のピッチレポートは2人で分け合って担当していますが、この成績はここ数年内で最も良い成績かも。

FC東京の戦績が向上してきていることが、この数字でもわかりますね。

昨年は、ナオがハットトリックを達成した5月のホーム大宮戦や、
5-1で大勝したナビスコ準々決勝ホーム名古屋戦、
3-2で劇的なサヨナラ勝ちのホーム磐田戦、などなど
印象深い試合をピッチサイドから伝える幸運に恵まれました。
今シーズンもドラマチックなゲームをリアルにお届けできるように頑張ります!


ちなみに、今年、私が担当する予定なのは9試合。
ローテーションの関係でちょっと減ってしまって残念・・・。

しかも、ことしもまたホームのレッズ戦担当からは外れてしまいました。
実は、私が最後にレッズ戦のピッチレポートをしたのは、2004年9月23日。
そーなのです! 偶然ですが、FC東京はそれ以来レッズに勝てていないのです。
い、いや。今年はやってくれるはず。今年はきっと勝てるはず?!


城福監督は「未だ体験したことのない、本当の優勝争いへ」私たちを導いてくれるはず。
果たして、頂上で味わうのはどんな味?!
posted by ミヤモト at 23:09 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

予感?

「FC東京が大好きなあまり、私は不思議な能力を身につけました!」

・・・なんて言ったら、「何いってんの???」と返されることは目に見えているのですが・・・たらーっ(汗)

試合前に、結果がビビビビっ雷 と降りてくるのです。

勝敗の行方はもちろんのこと、昨シーズン後半からはスコアまで当たるようになり、
しまいには、どんな展開で終了するのかまで予感できるようになってしまいました。


・・・や、偶然のことだと思ってますよ、もちろんあせあせ(飛び散る汗)


最初にその「予感」がやってきたのは、2006年のこと。
リーグ戦6連敗で調子の上がらなかったFC東京が、アウェー名古屋戦で勝利を収めたものの、
次の広島戦では2-5の大敗。
続いての試合は、上位争いをしているガンバとの対戦・・・というシチュエーション。

誰もが「今日の試合は厳しいなあ・・」と口々に話していた試合前。
ふっ、と、「予感」が舞い降りてきて
そばにいたMXの三田さんや広報担当さんに、「今日、勝つよ。絶対に勝つ!」 と話したら
「そうねー。勝てばいいよね。勝ってほしいよねー」と、軽〜くいなされてしまいました。

ところが、試合はまさかの劇的な逆転勝ち!どんっ(衝撃)


次にその「予感」がやってきたのは、2007年のアウェー広島戦。
この年も低迷していて、リーグ戦5連敗中、しかも相性の悪いビッグアーチでの試合。
その時にもなぜか、試合前の監督の囲み取材が終わって記者席に移動するとき
ビビビビビッ!雷 と、きたのです。
「き、今日、勝っちゃうよ」と、そばにいたFM西東京の伊達さんや、MXテレビのTディレクターに話すと
・・・・鼻先で笑われました。

結果は、5-0の完勝!!ぴかぴか(新しい)


その2回で味をしめてしまって、以来こっそりと、試合前に降りてくる「予感」に耳を澄ませていました。
味スタでの試合の場合は、試合後にお立ち台インタビューを担当しているまこっちゃんに「今日は絶対準備しといて!」なんて声をかけたりして。

そしたら、意外に当たるものなんですよ、その「予感」。ほんとに。

極めつけは、昨年のナビスコ決勝。
対戦相手の川崎フロンターレは、決して相性が悪くはなかったけれど、その年はそこまで2戦2敗。
Jリーグでもトップクラス攻撃力をもつチーム。
勝利を信じて疑わないサポーターであっても、一抹の不安があったはず。

ところが、いつもは試合前にしか降りてこない「予感」が、試合の3日前に放送された、私も出演したFM西東京の特別番組のためのインタビュー取材まえに降りてきたのです。
「2-0で勝つ」と。

取材のときに、まずFC東京を担当している記者のかたにその「予感」を話しました。
「あはははははははは。誰が川崎から2点も取るんだよ??」
笑い飛ばされました。

思い切って、インタビューの後に羽生選手にも伝えました。
「まあ、まずは失点しないように頑張ります。それ以上に、中味のあるサッカーをしたい」とのお返事。
もちろん勝つために全力で戦う羽生選手ですが、私の「予感」は、軽く流しとこう、という雰囲気でした。


結果は、ご存知の通り。FC東京が2-0で勝利! 2度目の優勝!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

羽生選手はちゃんと「予感」を覚えていてくれて、
調布エフエムのスタッフに「本当に2-0でしたね!」と声をかけてくれたとか。
(できれば、私に直接言ってくださいよぉぉぉ。)



でも、決して勝つ「予感」がいつも降りてくるわけではありません。

たとえば、昨年11月のアウェー千葉戦。
このところ相性の悪い相手とはいえ、いくらなんでも東京が勝つだろう、というのがおおかたの予想でしたが、私のところに降りてきた予感は「負け。試合後に、私は相当腹を立てている。そういう負け方」。
結果は、ミスが多く、退場者も出て1-2の敗戦。

最終節のアウェー新潟戦。
この試合に勝って、4位広島の勝敗によっては4位以内に入ってACL出場権を得られるという試合。
ここで降りてきた予感は「・・・まあ、しかたないよ。これでよかったんだよ」。うーん。つまり、引き分け、かな? 

結果は、最後の最後にセットプレーから追いつかれて、1-1の引き分け。
広島が勝ったために、東京のACL出場はなくなりました。
選手の皆さんにとっては、「しかたない」とはとても言いたくないようなくやしいドローでしたが、
サポーターとしては、「しかたないよ。これでよかったんだよ」という気持ちもわかってもらえると思います。


思い出したくもないのは・・・昨年10月のホーム柏戦。
試合前、お立ち台のまこっちゃんに「今日はどんな結果?」って訊かれたとき
「んと・・・勝つ。勝つんだけど、なんか不安。なんだろう?ものすごく心配」

結果は4-0で快勝したものの、
石川選手が左膝前十字靭帯不全損傷という怪我を負ってしまいました。


できることなら、良い予感だけが降りてきてくれればいいのですが・・・(しかも、できれば毎回良い予感が!)

さて、今シーズンは・・・??

今のところ、開幕戦に向けての「予感」はまだやってきていません。
それにこの「予感」の難しいところは、
“試合がどうなるかな?”と、「予想」をはじめてしまうと、「予感」そのものが降りてこなくなってしまうところ。
あくまで、私の頭で考えたものではなく、試合前に突然誰かが頭の中に向けてささやいてくれるような、そんな「予感」でなければダメなのです。
しかも、ソレがやってくるのはいつも試合開始の30分くらい前がほとんど・・・。


こんなバカげた話を、信じるも信じないもアナタ次第ですが。
今シーズンも、良い「予感」がたくさん降りてくるといいなあかわいい
posted by ミヤモト at 21:40 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。