2010年03月23日

宮津!

昨日のことですが、京都府の宮津市に行ってきました。
年に数回担当している「宝くじ」イベントの司会です。

77476051.jpg
特急電車に乗って、京都から約2時間!
往復で8時間、日帰りの行程はさすがにちょっとキツかったけれど、
宮津はとても素敵なところでした。

77516806.jpg

会場の「宮津会館」は宮津湾を一望できるロケーション。
遠くの山の手前に、緑色の濃い帯が見えますか? 
それが実は、日本三景の一つ「天橋立」なんです!!

万葉集や百人一首の世界が大好きなので
一度は天橋立を見に行きたいと思っていましたが・・・
ちょっとだけ、見えました(笑)。 
ぜひもう一度訪れて、ちゃんと間近の高台から見下ろしたいなあ。
今回は時間がなくて残念!!

77592370.jpg

第2部のトークコーナーで、ルート33の堂土さん・増田さんと一緒に進行をしました。
プロデューサーからはOKが出たけれど、
ルート33のお二人がちょっとやりづらそうだったのは、私の反省点。
次回、私がこのイベントを担当するのは7月なので
そのときには、今回の反省を活かしてしっかりやりたいと思います。

トークコーナーのゲストは、地元のお祭りで大活躍の、漁師町浮太鼓保存会の皆さん。
漁師町だけが奉納できる太鼓で、さらに太鼓が叩けるのは男性のみ。
幼稚園の年長さんから参加することができるそうなんですが
この少子化の時代にあっても漁師町では不思議と男の子が誕生する確率が高く?!
伝統芸能を引き継ぐ後継者にはまったく困っていないのだとか。
浮太鼓を守る、長年の地域の思いが遺伝子まで操作している?!?!

この1年間、FM世田谷で担当した「語り継ぐ世田谷のお話」でも
随分たくさんの、地域の伝統を守っていらっしゃる方のお話を伺いましたが
ふるさとの伝統を守り続けたいることに懸ける想いは、日本全国同じなんだなあと
改めて感じました。

地方だと、若い人がどんどんほかの土地に出て行ってしまうことを心配したり
東京だと、ほかにたくさんの誘惑があって地域の伝統芸能に目を向ける人が少ないと心配したり
それでも必ず、ふるさとへの愛と誇りを胸に、情熱を持って取り組む人が現れて
上の世代から受け継がれてきたものを、次の世代へと引き継いでゆく・・・

とても素晴らしいことだと思います。

そんな素敵なお話をうかがってきたFM世田谷「語り継ぐ世田谷のお話」は
残念ながら次の日曜日が最終回。
もともと1年間限定の番組としてスタートしたので仕方ないのですが
毎回、取材も収録もとても楽しみにしていたのでちょっと残念。
番組を離れても、身近な歴史や文化については敏感でありたいと思います。


・・・おっと、話がちょっとそれてしまいました。
宮津のイベントでは、リハーサルの合間にちょっとだけ
宮川大助・花子の大助師匠とお話しする機会がありました。
さすが芸を磨いた芸人の方は、人間の器が違います。
大助師匠リスペクト!!!
ちょっと長くなっちゃったので、大助師匠の話はまた次の機会に・・・。



posted by ミヤモト at 22:28 | TrackBack(0) | RADIO&司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする