2010年06月25日

助っ人補強

いよいよW杯1次リーグ最終戦の、デンマーク戦キックオフ時間が近づいてきました!
私は昨夜8時過ぎから3時間ほど仮眠をとったけど、
気になって眠れな〜い! という人も多いのでは?

さてキックオフを待ちながら更新。
ちょっと遅くなってしまいましたが、22日に、
大黒将志選手のFC東京期限付き移籍加入の発表があり
小平まで取材に行って来ました。

Twitterなどを見ていると、
ダービーのライバルチームに所属の選手ということもあって
どう受け止めたらいいのか戸惑っているサポーターも多いようですが・・・

私は、この補強は「アリ」だと思いました。

確かに大黒選手は
「実家が江戸川区で、小学校のころからFC東京の練習を見に行ってました」というわけでもないし
FC東京のユース出身選手でもありません。
正直言って、「東京のサッカーが好きだからどうしても入りたかったんです!!」というタイプではない、というのも間違いないでしょう。
青赤的な思い入れ度はそれほど高くはなさそうです。

けれど、
ゴール前の迫力にいまひとつ欠け、得点力不足に悩まされる今季のFC東京にとって、
どんなときでも常にゴールを狙い続け、そのゴールによって
チームが何かを成し遂げる、ということを渇望している大黒選手は
互いに、求めるものと与えられるものとが一致した、願ってもない補強ではないでしょうか?

その意味では、大黒選手は
「助っ人外人」的な存在なのかもしれません。
もちろん、日本人選手だから言葉も通じるし。
なんて心強い助っ人!


大黒選手というと
W杯ドイツ大会予選でにわかに脚光を浴びた頃に感じた
ピッチ外ではなんとなくぼーっとした、いじられキャラな印象を抱いていましたが
そんな印象は全くの見当違い。
会見に立ち会って感じたのは、
とても感覚的な反射神経が鋭く、頭の回転の早い人、という印象。
やはり、海外や多くのチームで揉まれてきた経験はダテじゃありません。


「パスを回しているだけで、なかなかゴール前までボールが来ないんじゃないか」等々
いまからネガティブな心配をする某誌の記者さんの質問に対しても
真摯に応対しながらも、最後には
「まだ加入したばかりなので、今はチームに対していい印象しか持っていません。
なので、その心配については試合に出るまで待ってもらえませんか?」なんて答えたり。


そうそう。
「いきなり年齢が上から2番目ですね」って訊いてみたら
「それにはオレもびっくりしました! でも、横浜FCでカズさんのようなお手本があったので、受けた良い影響を少しでも東京で出せたら」
と答えてくれました。
横浜FCでプレーするまでは、自分のことしか考えていなくて
周りを引っ張るとか、チームメイトを思いやる、といったことをほとんど考えてこなかったそうです。
でもカズさんと岸野監督のおかげでそれを考えられるようになった・・・と。
その意味でも、今季最初から加入するよりも
横浜FCでの経験があった上での加入は、タイミングが良かったかもしれません。
横浜FCのサポーターの気持ちを考えるとちょっと複雑ですが・・・
でも大黒選手は自身のブログでも書いている通り、
この短い数ヶ月間の経験に、とても感謝していましたよ。

あっ、もうひとつ。
FC東京の選手との繋がりを質問する記者の方が多かったのですが
何故か、長友選手に関わる質問がほとんど・・・。
代表でかつて一緒にプレーした経験があるから、という話からだと思うけれど
ちょっとちょっと、もっと関わりある人もいるんじゃない? と思い
お節介ながら口を挟んでみました。
「今野選手とも、1年一緒にやってますよね?」

その瞬間、各誌&各紙記者の皆さんが慌ててペンを走らせていましたが
ちょっぴり役に立てたかな?


そんなこんなで、
さて、まもなくキックオフ!!!
ガンバレ、ニッポン!
posted by ミヤモト at 03:01 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする