2010年07月11日

海外組

大宮アルディージャに、フランス2部アンジェSCOから
鈴木規郎選手が加入することが発表になりましたね。

FC東京に在籍していた当時から、嫌いじゃない、
というよりはむしろとても好きな選手で
神戸に移籍してからも、フランスに移籍してからも
ずっとブログをチェックするくらいには応援していました。

「天然」とか「何も考えていない」なんていうのが彼のパブリックイメージのようだけど
私が感じていたのは、直感の鋭いというか
インスピレーションの反射神経がよい、頭のいい選手、というイメージでした。
試合前日にもらうコメントも、翌日の試合のことだけにとどまらず
サッカー人生を長いスパンで見据えた上での、ひとつひとつのトレーニングの位置づけについて話してくれたりして
とても哲学的で、尊敬できる選手でした。
(・・・って言うとみなさんびっくりされるのは何故??)

だからもちろん、どのチームに行くことになっても
彼がサッカーを続ける限りはかげながらそっと応援し続けるけれど
(そんなにおおっぴらには応援しないけれど)

ただ、今回の帰国にあたって一つだけ気になっていることが。

アンジェに移籍するために日本を離れたとき、規郎選手は
「福田健二さんのようになりたい」って言っていた。
日本代表でもないし鳴り物入りで海外移籍するわけじゃないけれど
言葉の通じない国のピッチでも、そのプレーだけでサポーターを熱くさせ
スタジアムが一丸となっFUKUDAのプレーを後押しする映像を見た。
あの空気を、自分も感じたい。そのためにフランス2部に移籍するのだ、と。


それが実現できたかどうかを問うつもりはない。
けれど
その“想い”は、今も忘れていない、よね?
そこにフタをして日本に帰ってきたわけじゃないよね?
posted by ミヤモト at 13:11 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

『また逢おうと竜馬は言った』

演劇集団キャラメルボックス『また逢おうと竜馬は言った』、初日に早速観てきました!

もともと、90年代からずっとキャラメルボックスは大好きで、名古屋に住んでいたころは名古屋公演があるたびに必ず観に行っていました。
が、今回はちょっと特別な想いで会場のサンシャイン劇場に足を踏み入れました。

以前ご紹介したとおり、今回の『また逢おうと竜馬は言った』のサントラには、
弊社がサポートしている「町田直隆」の曲が2曲、弊社立ち上げのきっかけとなったRaiji&Chipsの曲が1曲、使用されているのです!!



この『また逢おうと竜馬は言った』は、92年の初演から4回も再演されている人気作品。
でも、日本人のアーティストによるサントラがつけられたのは、今回の上演が初めてなんです。
音楽が変わると、作品のムードも随分変わりますよね。
かつてこの作品を観たことのある方も、ぜひまた足を運んでいただき、今のサントラとのマッチングを味わっていただければと思います。
もちろん、まだ観たことのない人も必見!

私はもちろん、弊社が関わった楽曲は知っているので、曲が流れ始めるとそりゃもう緊張の度合いMAX!
3曲とも、本当にいいシーンで使われていて、恐縮してしまいました。

特に、町田直隆「青の残響音」は、
このお芝居の中でもカギになる、主人公の気持ちがはっきりと動く重要なシーン(だと思うのですが)に使われているのですが、私はうっかり曲に気をとられてしまってセリフもお芝居も耳&目に入らず(汗)

最後まで「どうして主人公がそういう気持ちになったのか」がわからないまま過ごしてしまいましたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

そんなことのないよう、是非「集中して」お芝居をご覧くださいわーい(嬉しい顔)


終演後、軽い打ち上げにも参加させていただき
サントラプロデューサーの石田ショーキチさんはもちろんのこと、
今回のサントラでは雰囲気のあるインストを聴かせてくれた、おなじみのゴンダタケシくん(GRiP)や、トレモロイド、School food punishimentのみなさんとご挨拶。
もう10年以上のお付き合いになるゴンダくんをはじめ、なんとなくみなさん「同じかおり」がしていたような気がしました。
今日は町田くんは別のライブが入っていて来られなかったんだけど、来ていたらやっぱり同じことを感じただろうなあ・・・。

ところで、サントラにはエラそうに私の名前もクレジットしていただきました。
TS3P0177.jpg
えへへ。



東京では8月8日まで池袋サンシャイン劇場で上演されています。是非期間中にご覧ください。
http://www.caramelbox.com/stage/ryouma2010/index.html


また、サントラは劇場での販売のほか、下記サイトでも販売されています。期間中にどうしても観にいけない方はぜひこちらからどうぞ!

posted by ミヤモト at 22:58 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

Ladies&Gentlemen!

シェラトングランデトーキョーベイホテルで、APPCS2010のアナウンスをしてきました。

APPCS??

正式には、第3回アジア太平洋小児循環器学会総会。
ときどきご依頼をいただく製薬会社のかたからのご指名ということで、数日前にエージェントを通してお話をいただいたときにはもう二つ返事でお引き受けしたのですが

それが後日になって(というか、開催の3日前になって)エージェントから


「いやー、大事なこと言うの忘れてました。今回ね、アナウンスが英語なんですよ」


えええええええええ?
英語を使ってのアナウンスなんて、何年ぶり・・・いや、十何年ぶりでしょう??
かつては、通訳ナシでもコミュニケーション取れていた私ですが、さすがに使わないと錆びつきまくり。
聞き取るほうはなんとなかるとしても、話すほうは・・・


なんて言ってられないので、アナウンス原稿が届いた開催日前日に、突然姉のところに押しかけ、ざーっと一度原稿を読んでもらってそれを録音! 当日、会場に向かうまでの間それを何度も何度も聞き返してイントネーションを覚えるという試みに。
こんなときに持つべきものは通訳を生業としている姉!


で、姉の協力のおかげで、無事にアナウンスを務めることができました手(チョキ)
また一つ、階段を登ったような気分。
諦めて断ったりしなくてよかった〜。

posted by ミヤモト at 23:11 | TrackBack(0) | RADIO&司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

Amazonで発売開始!

弊社で、また新たなユニットの販売をお手伝いすることになりました。

現在、活動休止中のキンモクセイのギタリスト・佐々木良くんが、
元ゲントウキで現在はウルフルズのサンコンJrさんや元くるりの森信行さんとのバンドでも活躍中のベーシスト・イトケンくんと、
セカイイチのドラム・キョウちゃんと組んだユニットです。

キンモクセイ活動中から、肩の力が抜けた自然体のメロディで、誰もが絶対に共感するようなふとした瞬間の風景を切り取って歌うことに類稀な才能を発揮していたリョウくん。

この 『Y.O.M.』 は彼の本領発揮。あなたの日常を、心地よく彩ってくれること間違いありません。

どんなシチュエーションにもはまりますが、個人的には、午前中と帰宅後のリラックスタイムに聴くのがオススメかな?


pogs『Y.O.M.』 のほかにも、今後続々とオススメのアーティストの作品販売をサポートしていきます。
このブログでも紹介しますので、お楽しみに!
posted by ミヤモト at 11:11 | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

Oh,No!!

年に数回お手伝いしているイベント「宝くじふるさとワクワク劇場」で、兵庫県の小野に行ってきました!

20100704180652.jpg
小野市はそろばんの町だそうです。

例によって、このイベントの前説と抽選会の司会、地元で活躍する方を迎えてのトークショーなどなどが私の役割。
いつもこのイベントは本当に楽しい上にとても勉強になります。大好きなお仕事です。

・・・そんな大好きなお仕事なのに、今回は大失敗・・・(><)

前説と抽選会はつつがなく進行したんですが、ルート33のお二人と担当したトークショーでのこと。

普段はほとんどすっぴんに近い私ですが、さすがに舞台に乗るときにはある程度のメイクをします。
今回も、目元がハッキリするようにと、かわいいつけまつげを付けていました。

そしたら、なんと。
トークの最中につけまつげがぽろり・・・たらーっ(汗)

しかも、完全に落ちるのではなく、半分まだまぶたにくっついて宙ぶらりんな状態に・・・がく〜(落胆した顔)


それに驚いて、一瞬、進行がとまってしまいそうになりました。
ルート33のお二人が上手に笑いに持っていってくださったけれど・・・不体裁だったのは事実。
テレビなら、とれかかったつけまつげもギャグになるだろうけれど、
ステージでは細かすぎてネタにもなりませんからね・・・


もーー恥ずかしいやら情けないやらで、トークショーのコーナーが終わってからしばらく控え室で落ち込んでいました。。。


しかし、毎回このお仕事では、
お笑い芸人の方や吉本新喜劇の皆さんの、舞台にかけるパワーに圧倒され、その真剣な姿勢と、プロならではの芸に唸らされます。
私が、司会の方面でその域まで達するのは到底無理としても、
せめて、足をひっぱらないレベルにまで成長できたらいいなあと思っています。


頑張ろ!
posted by ミヤモト at 22:54 | TrackBack(0) | RADIO&司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。