2010年02月26日

大好きだよ

いろんな仕事をしているので、いろんな人に接する機会があります。
肩書き的にも様々だけど、性格というか、人格的にも様々。

でも、仕事とはいえせっかく出逢えたのだから、できるだけその人のことを好きになりたいし、私のことも好きになってほしい。

けれどなかなかそうはいかず、私のことが大嫌いになってしまう人も残念ながらいます もうやだ〜(悲しい顔)

先日、その人とのやり取りをスムーズにするために話し合いの場を持ちました。

最初は、「そんなに嫌いならもう結構です」と、お付き合いをお断りするつもりで出掛けたのだけど・・・
いまここでその人を突き放したら、この先ずっとその人は同じことを繰り返してしまうのだろうなあと思って、なんとか少しでも関係を修復するべきではと、考えが変わってきました。

でも、どうしたら上手く伝えることができるだろう?
そうだ、逆の立場を考えてみよう。
私が大嫌いな人からどう言われたら、考え方を切り替えてその人に心を開くことができるだろう?

う〜ん・・・








無理です。
だって、私は嫌いな人がいないから。


あなたと闘うつもりは全くない。私は敵ではない。
あなたの役に立ちたい。
そういう心の内をまっすぐ伝えるしかないなと。真摯で誠実なまごころで伝えたら、きっと相手だってわかってくれるさ。

そう思っていろんな言葉を尽くしてみたのだけど
なんとなく打ち解けられたような雰囲気にはなったけど
その人の話は、次から次へと矛盾した事ばかりが続いていく。
察するに、その人自身の考えというよりは、誰かから吹き込まれた考え方に固執しているみたい。

そして最後には、「私の親が、宮本さんのことすごく憎んでいるんです」
ううー。この人は本当に、私を傷つける天才です。
打ち解けた空気の中で出た発言でコレですから。
私、ご両親にお会いしたこともないのに。

そんな人とはもう関わらないほうがいいとみんなに言われるけれど
その通りだなあと私も思うけれど
それでもなんだか放り出すことができないのは
昔の私に似ているからかもしれないなあ。
私が歩んだ失敗の道を、そのままこの人も通るんじゃないかと。
あの頃の私は、間違った道を歩いていることを教えてくれる人がいなくて
誰か、信頼できる人がいてくれたらよかったのにな、なんて今になって思うこともあるから。

でも、失敗しないと気が付けないものなのかもしれないね。
いくつ失敗を繰り返しても本質に気づけない人もいるしね。

なんだかすごく歯がゆいなあ・・・。

20100222135351.jpg

先日、家族で出掛けた大島でみた断層面。
積もり積もったものも、長い時間をかければ美しい文様になってゆくのかな?

posted by ミヤモト at 17:55 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。