2010年04月06日

報告・連絡・相談

予告どおり、某社新入社員研修のアシスタント講師をしています。

2日間で1セットの研修がやっと1セット終わり。
その最後に、今回のメイン講師を務められたS氏がとてもわかりやすい例えで受講者に話しかけました。


「例えば、誰かに美味しいラーメン屋さんを教えてあげたとき、
『教えてもらったラーメン屋に行ってきたよ! 美味しかったよ!』って、後日いってもらったら
また今度別のラーメン屋を教えてあげよう、って気持ちになるよね?

君たちの上司だって同じなんだよ。
仕事で、何か指導したり教えたりしたあと
『やってみたらこうなりました!』っていう報告をもらうと、やっぱりうれしいもの。
そういうコミュニケーションの取れる新入社員には、上司も
よし、次はこれを教えてやろう、って気持ちになるものなんだ。
そうやって仕事を教えてもらえるチャンスが増えるということは
つまり、君たちの仕事の幅がどんどん広がっていって
いろんなチャレンジができるようになるんだよ」


なーーーるほど!!!

「報告・連絡・相談」いわゆるホウレンソウは仕事の基本! 
それは言ってみれば義務でもあるけれど
周りの人たちと気持ちよく仕事を進めていくためにも必要なことだし
自分自身の可能性を広げるという意味でも、大事なことなんですよね。


会社のような組織に属している人はもちろんだけれども
それ以外の人でも、
この「報告・連絡・相談」がスムーズにできないがために
みすみすチャンスをつぶしてしまったり
無駄を山ほど生み出してしまっている人が、なんと多いことか・・・。


ほんのちょっとの心構えだけで、劇的に状況が変わるものなのにね。
posted by ミヤモト at 23:11 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145834953

この記事へのトラックバック