2014年06月14日

W杯パブリックビューイングin調布

4年に1度のサッカーの祭典、2014FIFAワールドカップ(ブラジル)が開幕しました。

いよいよ明日は、日本代表の初戦、コートジボワール戦が行われます。
各地でパブリックビューイングが開催されますが、味の素スタジアムではなんと、無料で開催!

この「2014FIFAワールドカップ ブラジル in調布(6/15 味の素スタジアム)」で、場内アナウンスを担当します!

都内で唯一、普段サッカーの公式戦が行われている場所でのパブリックビューイングです。
しかも無料!
ぜひ、お時間のある方はお出かけ下さいね。
スタジアムで見るサッカーは、他のどこで見るより盛り上がりますよ!!

ところで
自治体などが主催して、無料で行われるパブリックビューイングでは、主催者は、どちらか片方のチームを応援してはいけないという決まりがあるんだそうです。有料で、スポンサーをいっぱいつけて豪華なゲストを招いて行われるところは片方(ま、当然日本代表ですけれども)の応援をしてもいいのだそうですが。でもその場合、映像使用料が無料開催の30倍くらいするんですんって。

だから、場内アナウンスでも「日本代表を応援しましょう」とか「がんばれニッポン!」って言えない上に、日本が勝っても派手に喜んではいけないらしい?!

とはいえ、気持ちは選手と共に戦っています。影アナだから皆さんの前に出ることはありませんが、このユニフォームを着て、魂込めてアナウンスしますよ!

10388657_719895018069403_7593542406445597068_n.jpg
posted by ミヤモト at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

海外組

大宮アルディージャに、フランス2部アンジェSCOから
鈴木規郎選手が加入することが発表になりましたね。

FC東京に在籍していた当時から、嫌いじゃない、
というよりはむしろとても好きな選手で
神戸に移籍してからも、フランスに移籍してからも
ずっとブログをチェックするくらいには応援していました。

「天然」とか「何も考えていない」なんていうのが彼のパブリックイメージのようだけど
私が感じていたのは、直感の鋭いというか
インスピレーションの反射神経がよい、頭のいい選手、というイメージでした。
試合前日にもらうコメントも、翌日の試合のことだけにとどまらず
サッカー人生を長いスパンで見据えた上での、ひとつひとつのトレーニングの位置づけについて話してくれたりして
とても哲学的で、尊敬できる選手でした。
(・・・って言うとみなさんびっくりされるのは何故??)

だからもちろん、どのチームに行くことになっても
彼がサッカーを続ける限りはかげながらそっと応援し続けるけれど
(そんなにおおっぴらには応援しないけれど)

ただ、今回の帰国にあたって一つだけ気になっていることが。

アンジェに移籍するために日本を離れたとき、規郎選手は
「福田健二さんのようになりたい」って言っていた。
日本代表でもないし鳴り物入りで海外移籍するわけじゃないけれど
言葉の通じない国のピッチでも、そのプレーだけでサポーターを熱くさせ
スタジアムが一丸となっFUKUDAのプレーを後押しする映像を見た。
あの空気を、自分も感じたい。そのためにフランス2部に移籍するのだ、と。


それが実現できたかどうかを問うつもりはない。
けれど
その“想い”は、今も忘れていない、よね?
そこにフタをして日本に帰ってきたわけじゃないよね?
posted by ミヤモト at 13:11 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

惜敗

W杯南アフリカ大会、
決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦は
延長戦を戦ってスコアレスドローのまま、PK戦へ。

残念ながらベスト8進出は叶わなかったけれど
このチームが日本代表であることを
心から誇りに思います。


これから先の歴史の中に残るのは
「決勝トーナメント1回戦で敗れた」ということだけなのかもしれないけれど
できれば、
直前まで迷走して、連敗して、
壮行試合で大ブーイングをあびるほど
多くの国民が不安に思っていたけれど
本大会では素晴らしい団結力と組織力を見せて
決勝トーナメント進出を果たし、
その戦いぶりが多くの日本人の胸を熱くさせ
勇気と希望を与えてくれたことが
偏見や主観抜きで正しく記録されて
結果だけでなく、その経緯が
ずっと後世まで正しく伝えられたらいいなと思います。

本当にありがとう!


さあ、来月からまたJリーグ!!!
posted by ミヤモト at 02:48 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

助っ人補強

いよいよW杯1次リーグ最終戦の、デンマーク戦キックオフ時間が近づいてきました!
私は昨夜8時過ぎから3時間ほど仮眠をとったけど、
気になって眠れな〜い! という人も多いのでは?

さてキックオフを待ちながら更新。
ちょっと遅くなってしまいましたが、22日に、
大黒将志選手のFC東京期限付き移籍加入の発表があり
小平まで取材に行って来ました。

Twitterなどを見ていると、
ダービーのライバルチームに所属の選手ということもあって
どう受け止めたらいいのか戸惑っているサポーターも多いようですが・・・

私は、この補強は「アリ」だと思いました。

確かに大黒選手は
「実家が江戸川区で、小学校のころからFC東京の練習を見に行ってました」というわけでもないし
FC東京のユース出身選手でもありません。
正直言って、「東京のサッカーが好きだからどうしても入りたかったんです!!」というタイプではない、というのも間違いないでしょう。
青赤的な思い入れ度はそれほど高くはなさそうです。

けれど、
ゴール前の迫力にいまひとつ欠け、得点力不足に悩まされる今季のFC東京にとって、
どんなときでも常にゴールを狙い続け、そのゴールによって
チームが何かを成し遂げる、ということを渇望している大黒選手は
互いに、求めるものと与えられるものとが一致した、願ってもない補強ではないでしょうか?

その意味では、大黒選手は
「助っ人外人」的な存在なのかもしれません。
もちろん、日本人選手だから言葉も通じるし。
なんて心強い助っ人!


大黒選手というと
W杯ドイツ大会予選でにわかに脚光を浴びた頃に感じた
ピッチ外ではなんとなくぼーっとした、いじられキャラな印象を抱いていましたが
そんな印象は全くの見当違い。
会見に立ち会って感じたのは、
とても感覚的な反射神経が鋭く、頭の回転の早い人、という印象。
やはり、海外や多くのチームで揉まれてきた経験はダテじゃありません。


「パスを回しているだけで、なかなかゴール前までボールが来ないんじゃないか」等々
いまからネガティブな心配をする某誌の記者さんの質問に対しても
真摯に応対しながらも、最後には
「まだ加入したばかりなので、今はチームに対していい印象しか持っていません。
なので、その心配については試合に出るまで待ってもらえませんか?」なんて答えたり。


そうそう。
「いきなり年齢が上から2番目ですね」って訊いてみたら
「それにはオレもびっくりしました! でも、横浜FCでカズさんのようなお手本があったので、受けた良い影響を少しでも東京で出せたら」
と答えてくれました。
横浜FCでプレーするまでは、自分のことしか考えていなくて
周りを引っ張るとか、チームメイトを思いやる、といったことをほとんど考えてこなかったそうです。
でもカズさんと岸野監督のおかげでそれを考えられるようになった・・・と。
その意味でも、今季最初から加入するよりも
横浜FCでの経験があった上での加入は、タイミングが良かったかもしれません。
横浜FCのサポーターの気持ちを考えるとちょっと複雑ですが・・・
でも大黒選手は自身のブログでも書いている通り、
この短い数ヶ月間の経験に、とても感謝していましたよ。

あっ、もうひとつ。
FC東京の選手との繋がりを質問する記者の方が多かったのですが
何故か、長友選手に関わる質問がほとんど・・・。
代表でかつて一緒にプレーした経験があるから、という話からだと思うけれど
ちょっとちょっと、もっと関わりある人もいるんじゃない? と思い
お節介ながら口を挟んでみました。
「今野選手とも、1年一緒にやってますよね?」

その瞬間、各誌&各紙記者の皆さんが慌ててペンを走らせていましたが
ちょっぴり役に立てたかな?


そんなこんなで、
さて、まもなくキックオフ!!!
ガンバレ、ニッポン!
posted by ミヤモト at 03:01 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

白熱!

サッカーのW杯南アフリカ大会が開幕して、10日になりますが、
ちゃんと寝てますか(笑)?

私は、録画や再放送、ダイジェストを駆使して
なんとか最低限の睡眠はとるようにしています。
昨年末〜春先までの、徹夜続きの毎日がうそのように
ちゃーんと睡眠が取れているので不思議!?
人間、意志を持って行動すればなんとかなるものなんですね??

ところで、
今大会はいわゆる大番狂わせとでもいうような
優勝候補国のまさかの敗戦や引き分けが相次いでいますね。
きっと予選リーグが終わるころになると
「やっぱり強い国が勝たないと面白くないなー」って言う人が現れるのでしょうけれど
私は、大番狂わせ大歓迎!
チカラのあるチームでも、わずかなスキから足元を崩されるような
一瞬たりとも目が離せない、ドキドキ、ハラハラの試合が好きです。
普通は、どんなにいい試合をしても数年後に残るのは結果のみだけど
何年たっても「2010年のあの大会は、ちょっといつもと違ったよね」
なんて語り継がれるような、
そんな歴史の一幕を目撃する証人になれたらなー

などと思いながら、画面を見つめております。

実況アナウンサー、解説の方も
それぞれに個性があって面白いですね♪


さて、今のうちから日本VSデンマークの試合が行われる
6月24日ー25日にかけてのスケジュールを
綿密に立てておかなくちゃ!
posted by ミヤモト at 23:11 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする