2009年04月12日

きざし

気がつけば、あっという間にソメイヨシノのシーズンも終わり・・・


ちょっと前のことですが、味の素スタジアムの西側の桜並木で、小鳥が素敵な歌声を響かせていました。


今日は、味の素スタジアムで昨年&一昨年Jリーグ王者の鹿島アントラーズを迎えての一戦。

このところ、勝ってもピリっとしない内容のゲームが続いていたFC東京ですが、今日は戦う気迫たっぷりの試合をようやく見せてくれました。結果は1−2で負け。でも、スタジアムに集ったサポーターはきっと、悔しいながらも満足感を得ていたはず。

今までの試合がひどすぎたってのもありますが・・・( ̄▽ ̄;)
でも今シーズンに入ってようやく、観客の心を動かす“MOVING”な試合をみせてくれたのではないでしょうか。

足りないところはまだまだたくさんあるし、実際勝っていないのですからこれで満足しちゃいけません。
でも、今日の試合は、今シーズンに入って忘れていた何かを取り戻す、とても貴重な試合だったような気がします。



ところで。
先週は豪雨の中、ジュビロ戦の取材のために磐田に行ってきました。
うちの車はETCをつけていないので、割引の恩恵にはあずかれず・・・バッド(下向き矢印)
高速道路の割引はやはり大きい! いつも取材は完全自腹で出掛けているので
(だから取材すればするほど赤字・・・ふらふら)これを機会にETCの導入も検討しようと思います。


そのジュビロ戦を、NHK−BSでご覧になった方々から、今日
「映ってたね〜〜!」と言われてびっくり目
ハーフタイムが終わって後半の試合が始まる直前、
解説の小島さんと鳥海アナウンサーがカメラに向かって話しているほんの10秒程度のシーンで
記者席に移動するためにうしろを横切るFM西東京取材チーム&私の姿が・・・がく〜(落胆した顔)
気がついた方、いますか?


試合当日は雨・風共に強かったけれど、翌日は一転して春らしい陽気。
東名高速道路も、両側に植えられた桜の木々が満開でした。
東名にこんなに桜があるなんて、今まで気がつきませんでした〜。
来年はもっと落ち着いて(そして、FC東京が開幕ダッシュをしてより落ち着いた気分で)花見が出来たらいいなかわいい
posted by ミヤモト at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

開花待ち

桜の花は少しずつつぼみを緩めてきましたが

今シーズンのFC東京は、まだまだ咲ききっていない様子・・・。
リーグ戦では1勝2敗。
ナビスコカップでも初戦で柏レイソルに敗戦を喫してしまいました。

サポーターとしてはどうにもストレスが溜まりがちです。


けれど救いがあるのは、
チームとしてはとても前向きな状態であること。
以前だったら、これだけ負けが先行してしまうと
練習場でもどんよりとした空気が充満していたように思いますが
今のFC東京の練習場は、
ピリっとしながらもポジティブに上昇を目指す空気に包まれています。


ただ・・・私が気になっているのは、監督のこと。
開幕戦のベンチで、こんなシーンがありました。
相手チームがバックラインでボールを回しているときに
FW近藤祐介選手に「ユースケ!もっと行け!!」と
前線からのチェイスを指示したあと
なぜかくるりとベンチを振り返り
コーチ陣に向かって

「今の、ユースケがもっと行ってもいいよなあ?」



自分の指示に対してコーチ陣にまるで確認を取るような行動。
そんなの、昨年は一度もみたことがありませんでした。
昨年の開幕前の練習試合で大敗したときに
「お前ら迷っているのか? 俺に迷いはないぞ!!」
という名言を残すなど
常に情熱的にチームを引っ張る城福監督ですが


・・・もしかして監督、今シーズンは迷ってます??



確かに今シーズンは、開幕前から怪我人&病人が続出で
理想どおりのチーム編成を組むのが難しいのかもしれません。
外から見ているとやや迷走している東京をどう立て直すのか
サポーターとしても、しっかり応援して、支えていきたいと思います。


今日のナビスコカップ ヴィッセル神戸戦は
ユース出身のフレッシュな顔ぶれが先発に多く名を連ねそうです。
高卒ルーキーの田邉草民選手のベンチ入りも。
若手の勢いとモチベーションの高さ、
ユース出身者同士の絆の強さによる連携の強化に期待しつつも
ソコに頼らざるを得ない今のFC東京って、ちょっとどうなのかなあ
・・・なんて、ちょっぴり、思ってしまうのですが。

今日はホームですが、ピッチレポートではなく
携帯サイトの速報で、アツく応援していきたいと思います!!
必勝!!!

posted by ミヤモト at 11:52| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

開幕です!



今シーズンのJリーグが開幕しますね!


上の写真は、京王線飛田給駅に張られている東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバムの広告ポスターなんだけど、「ユルネバ収録!」って書いてあるのは、やっぱりココだけみたい。

「ユルネバ」っていうのは 「You'll Never Walk Alone」という曲のことで、
もともとはミュージカル「回転木馬」の中の一曲だったんだけど、
イギリスでは様々なミュージシャンがカバーしている、もはやスタンダードナンバー。
特にサッカーファンの間では
リバプールとかセルティックなどのチームの試合前に
サポーターが声を合わせて歌い、士気を高めることでも知られている曲。

FC東京も、試合前にみんなで歌うんです。マフラー掲げて。


スタジアム全体が歓声に包まれるあの昂揚感まで、あと2時間半・・・揺れるハート




開幕に向けて、昨日は
冷たい雨が横殴りの風に流される中、小平グラウンドで取材してきました。

本当は水曜日&木曜日に、練習試合を含めてじっくり取材するつもりだったんだけど、急遽この2日間は、報道関係も立ち入れない非公開練習となり。

なので、開幕前に取材できるのは、昨日がラストチャンス。


なのにあの雨・・・雨


ダウンのコートが、絞ったら水が3リットルくらい出てきそうなくらいにびしょぬれになりましたたらーっ(汗)

でもそのおかげで、私は風邪をひくこともなく
よい準備をして開幕を迎えられそうです。


完璧にできるようにはならないかもしれないけれど
ベンチに近いところから、ピッチで戦う選手と同じ目線で
カメラのように司会に捕らえたものを、できるだけ正確に
電波の向こうで待ってくれている人の耳に届けられるように、
 今シーズンも頑張ります!
posted by ミヤモト at 10:25| Comment(14) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

Jリーグアウォード 追記

 

なんだか例年と違って、違和感。
それは、会場がいつもの横浜アリーナじゃなく
東京のJCBホールだから・・・ってわけではなくて。

例年だったら
「シーズンが終わって、最後のイベント」
となるこのJリーグアウォードなのだけど
今年はまだ天皇杯を残していて
シーズンが終わった感じがしていないから、
なのかもしれません。


FC東京から参加したのは、
赤嶺選手、長友選手、大竹選手。そして城福監督。
見慣れないタキシード姿に、胸にさした青赤のチーフが素敵でした。
チーム広報のかたのとっさのアイディアで用意したものなのだとか。
グッジョブ!!

慣れない格好のせいか、いつも以上に緊張した面持ちの3選手。
新人王が期待された長友選手は
残念ながら新人王、ベストイレブンともに手にすることが出来ませんでした。
新人王を獲得した名古屋の小川選手は、
長友選手の大学の先輩。
サポーターとしては、長友選手が受賞を逃したことが
ものすごく悔しくてたまらなかったんですが
長友選手本人は
「本当に心から尊敬できる先輩ですから
彼が新人王を取るのは当然。素晴らしいことだと思います。
来年は、誰からも納得してもらえるくらいの活躍をして
またこの場に戻ってきたいと思います」
と話していました。さすがです。

セレモニーの最中、何度か
青赤ユニホーム24番の姿が「名場面」的な感じで
ステージ上のスクリーンに映されていたのですが
赤嶺選手本人は
「全然気がついてなかった」のだとか。
ずっと、すぐ前の座席に座った
競泳の北島選手が気になって仕方なかった模様。
また、大竹選手は
優勝した鹿島がそろって壇上に現れたのを見て
「来年はぜひチーム全員でこの場に!
そして、いずれは僕自身がMVPに!」なんてつぶやいて
ひそかな闘志を燃やしていました。

気になったのは・・・
他チームから移籍のオファーを受けていると噂されるあの選手。
「出場機会を増やして、来年もまた来たい」と語った後に
「それはもちろん、青赤のユニホームでの活躍ですよね?」
と尋ねたら・・・返事は
「・・・いや、それはまだちょっと」。
とても正直な人なので、
たぶん「まだ結論が出ていない」ということを言いたかったのだと
そう信じたいけれど・・・。いや、信じているけれど。



式典の後は、これまた華やかなレセプション。 
各チームの代表(社長)、監督、ゲストが顔をそろえ
くらくらしてしまいそうなオーラが会場を埋め尽くしていました。

その中で、ふと後ろを振り向くと
鹿島のオリベイラ監督と大分のシャムスカ監督が
なにやら楽しげに談笑を!
もちろん聞き耳立てても内容は理解できませんでしたがたらーっ(汗)
こんなシーンが見られるのも、
Jリーグアウォーズのレセプションならでは。


「Jリーグ」としての公式行事は、
今年はコレですべて終了となりましたが
先ほども書いたように、まだFC東京には天皇杯が残っています。
最高の新年にするために
そして最高のモチベーションで次のシーズンを迎えるために
あと2勝!
チームもサポーターも、もちろん選手も監督も
みんなで心を一つにして、新しい扉をこじ開けましょう!!


写真は、会場となったJCBホール前のイルミネーション。
お!青赤だ〜!!縁起がいい?!
posted by ミヤモト at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

Jリーグアウォード

CA330857.jpg
JCBホールに取材にきています。
今年のJリーグを総括する祭典が、まもなく始まります!
posted by ミヤモト at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする