2008年11月16日

「大丈夫だ!」


鳥取から昨夜帰り
今日はちょっぴり朝寝坊 眠い(睡眠)

試合会場となったとりぎんバードスタジアムは
とてものどかな雰囲気でした。



試合は、アルビレックス新潟に、3−2の逆転勝利。
2点を先行される苦しい戦いでしたが
何とか逆転に成功。
天皇杯では、クラブ史上初めてJ1のチームを破り
準々決勝にコマを進めることが出来ました。

後半から投入された石川選手が
とてもクレバーな動きと絶妙なクロスで得点を演出していましたが
試合終了間際に相手のファウルを受けて退場・・・。

石川選手は、ケガなどで苦しい何シーズンかを経て
今、ようやく本人のイマジネーションの通りの動きができてきて
チームに欠かせない存在になってきただけに
本当に残念。
どうか軽傷でありますように。


 
試合中でちょっと印象的だったことを。

新潟に2点も先制されて
前半21分で、もうこの試合はダメだかなという雰囲気で
正直、この試合は諦めようと思っていました。

そんなとき

ピッチ上から大きな声が聞こえてきたんです。



「大丈夫だ!大丈夫だから!」



守備の最後列から叫ぶ、茂庭選手の声。
 
サポーターの声援がにぎやかに飛び交うスタジアムで
なぜかその声だけがクリアに響いてきました。


それが聞こえた瞬間
“そうだ、大丈夫なんだ”って
心から素直に思えたのです。

大丈夫だ。
きっと、ここから逆転できるはず! って。



試合後、本人にそう言ったら
「またまた〜!後だしジャンケンなんじゃないの〜?」
なんて言われてしまったけれど・・・



「大丈夫」


この言葉は、魔法の言葉。
信じる気持ちが重なったときに、本当に奇跡は起きる。


誰かをこころから応援するとき、
私はいつも「頑張って」ではなく「大丈夫だよ!」と
言うようにしているんですが

この試合の前半、2失点するまでは
そんな「大丈夫」の気持ちを忘れてしまっていました。


信じなければ、
ひとつにはなれないものね。

ひとつにならなければ
勝利だってない。


それを思い出させてくれた茂庭選手のひと言でした。




ところで

普段Jリーグの試合が開催されない地域でのゲームということで
ちょっと常識では考えられないようなこともありました。

それは、取材しているマスコミの態度。

私もまだまだ(この年にもなって!)取材マナーは勉強中ですが
どこの媒体かしらないけど、本当にひどかった。

試合終了後の監督記者会見が始まるというのに
会見室内で平気で電話で喋っていたり
(これには新潟の鈴木監督も激怒)

FC東京の城福監督の会見の最中に
監督の机の横をすり抜けて会場から出て行ったり

梶山選手を囲んだテレビカメラのクルーの着メロが
インタビュー中に大音量で鳴ったり。


ありえない。
サッカーの取材に慣れてるとか慣れてないとか
そういう問題じゃない。
社会人としてのマナーの問題。


なんて腹を立てつつも
人のふり見て我がふりはしっかり直していこうと思います。



さて
今日はこれから高崎です。
FMぐんま「ROCKERS2008」決勝大会。
今年はどんな素晴らしい才能が
輝きをみせてくれるでしょうか。

お時間のある方はぜひ
club FLEEZまで!




おまけ。


鳥取駅構内の回転寿司で食べた、ズワイガニの軍艦。
オイシカッタデス!
posted by ミヤモト at 11:31| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

大阪ストラット

キックオフは午後2時なのに、
格安パッケージを利用したために
大阪に到着したのは朝9時半過ぎ。

とりあえずブラブラしてからご飯にしましょうか
ってことで

♪梅田行きの切符買ってぇ〜るんるん


大阪に来ると必ずと言っていいほど寄ってしまうカンテで早めのランチ。
今日は「るんるんチャイとケーキ」ではなく、サグ(ほうれん草のカレー)を。


時間もあったのでついのんびりしてしまって
何をしに大阪まで来たのか忘れてしまうところでした・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)



さすがに11月。万博公園はもう紅葉が始まっています。


おなじみ「太陽の塔」。
このモニュメントの向こうに、我が母校があるのですが
・・・この位置では全然見えませんモバQ


試合内容は決して誉められたものではありませんでしたが
数少ないチャンスをガッチリとものにして、
見事3−1でガンバ大阪に勝利。
グランパスやフロンターレなど、上位が足踏みをしてしまったこともあって
暫定6位とはいえ首位との勝点差は、わずかに「2」。
これはおそらく、
『今ここで、慢心したり諦めたりしてはいけない。
努力することを続けなければいけないよ』
と、サッカーの神様に言われているということなのではないでしょうか。
ゲーム自体はガンバに圧倒的に支配されていたことを
選手がみなとてもよく自覚している様子で
今日の勝利に安堵はあっても、浮かれているところが一切ないことが
何よりとても頼もしく感じられました。


そして今日は、
茂庭選手がアクシデントにより途中交代、
代わりに入った浅利選手がボランチの位置に入り、
それまでボランチだった今野選手が
茂庭選手に代わってセンターバックを務め、最終ラインを守りました。

そのことについて試合後、今野選手は
「実は今週、監督の指示でセンターバックの練習もしてたんです。
あれが役立ちました。監督すげぇな、(こうなる状況を)読んでたのかな」
なんて冗談ぽく言ってました。

もちろん、普段から複数のポジションを高いレベルでこなす
ポリバレントな今野選手だからこそ果たせた役割ですが
実は、茂庭選手が先週末の練習で肩を痛めてしまい
(それで11/3の天皇杯も欠場していました)
今週も欠場になったら・・・という「まさか」の状態に備えての準備だった模様。
幸い、茂庭選手は肩の不具合もなく先発出場しましたが
ゲーム中の怪我で途中交代。
うーん。やはり「備えあれば憂いなし」ですね。


その途中交替の茂庭選手ですが
本人によると、
筋肉や骨の異常ではなく、
打撲・・・というか外傷だったもようで
軽度なので今後の試合には影響なさそうだとか。
安心しましたかわいい
塩田選手と接触してしまい、スパイクがひざに入ってしまったそうで
皮下で内出血した部分が膨らんで
ひざを曲げにくくなったため
「このままの状態で自分が出場していては、
相手選手に狙われ、チームに迷惑を掛ける」
という判断で、自ら交代を申し出たのだとか。

おそらく、試合が終わるまで
この交代が勝敗に影響したら・・・と、気が気ではなかったことでしょう。
試合終了後、ベンチから誰よりも喜んで
引き上げてくる選手たちを祝福していた茂庭選手が
とても印象的でした。





ところで。

ガンバ大阪といえば、
先日行われたACL(アジアチャンピオンズリーグ)の決勝第1戦で
オーストラリアのアデレード・ユナイテッドに3−0で圧勝。
昨年の浦和レッズに続いて、アジア王者の称号をあと少しで手に入れようとしています。

にもかかわらず


ほんとうに13,515人も入ったの? と思ってしまうくらいに
スタンドがガラガラ・・・

大阪のみなさ〜ん!
世界と戦うチームなんですよ、ガンバ大阪は。
ぜひもっとスタジアムに出向いて
ゲームを盛り上げましょうよ〜グッド(上向き矢印)




取材も無事に終わった後は、
ちょっぴり浮かれ気分で居酒屋へ。
秋らしく、銀杏つつきながら祝杯ビールをあげ
新幹線で爆睡眠い(睡眠)しながら東京に戻ってきました



さて。
明日は、早朝からエフエム世田谷の特番に出演します。
ちゃんと朝起きられるかな・・・??

posted by ミヤモト at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ガミさんをよろしく

FC東京から、池上礼一選手がザスパ草津に期限付き移籍をすることが発表されました。

FC東京では残念ながらあまり活躍の場が与えられませんでしたが、2005年のユニバーシアード・イズミル大会で優勝したときのメンバーで、大学4年次からFC東京に特別指定選手として参加していた、とてもポテンシャルの高い選手です。

そして、とても礼儀正しく、マメで気配りもできるし、責任感の強い好青年。練習場やスタジアムで取材をする私たちメディアに対しても、常に腰が低く、誠実に話をしてくれました。


池上選手について強く印象に残っているのは
彼がまだ大学4年生で、FC東京にJリーグの特別指定選手として参加して間もないときのこと。
イケガミレイイチとはどんな選手なのかと、興味津々で出掛けたサテライトリーグの柏レイソル戦。
最終ラインで守っていた彼は、チャンスと見ると中央を駆け上がっていき、ボールを受けるとスルスルとドリブルで相手のDFとGKをかわしてゴール!
あの思い切りのよい飛び出しと冷静なプレーは十分に衝撃的でした。

昨年のリーグ戦終盤には、強豪チームとの試合でスタメンのチャンスに、冷静な判断と情熱的なプレーで強豪チーム相手に大活躍してくれたことも、脳裏に強く焼きついています。

与えられたチャンスにしっかりと力を発揮してチームに貢献してくれる選手なのに、FC東京ではなかなか活躍の機会が与えられないのが本当に不運だと私は思っていましたが
池上選手自身は、出場の機会がなかなか与えられなくても決して腐ることなどなく、いつでも万全の準備を整え、チームとともに戦い続けてくれていました。

だから多分、彼自身が積極的に活躍の場を求めての移籍なのではなく、ザスパから熱烈なオファーを受けての移籍なのではないかと、私は推測しているのですが・・・


責任感の強い彼のことですから、期待に応えるべく
ザスパで大活躍してくれることと思います。
(そして、また一回りたくましくなってFC東京に戻ってきてくれることを待っています!)


このブログをご覧になっているザスパファンの皆様、
「ガミさん」こと池上礼一選手を、しばらくの間どうぞ宜しくお願いしますね。

posted by ミヤモト at 23:51| Comment(9) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

カンピオーネ!

CA330589.jpg
FC東京Uー18、見事日本クラブユースサッカー選手権(Uー18)大会優勝!


一人一人に戦術がちゃんと浸透していて
誰もがボールを持ったらすぐ前を向く意識が行き渡っているし
テクニシャンも多いけど技に溺れることもない。

チームがひとつになって得たカップです。
本当におめでとう!!


写真は、72分に三田くんのゴールが決まった瞬間。

携帯のカメラにもかかわらず、
ちょうどボールが入ったシーンをおさめることができました。

なんかすごくラッキーかも・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
posted by ミヤモト at 02:29| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

反対側からの風景

CA330583.jpg

パラグアイのクラブ・オリンピアとのプレシーズン・マッチ。
今日は他にどうしても外せない仕事があったので、取材は他のひとにお任せして、
ギリギリ後半にスタジアムに駆け込んでバックスタンドから観戦&応援。

なんだかとても新鮮です。
いつもいるピッチサイド(つまりメイン側)とは逆側からの風景。
そしてちょっと懐かしい風景。
4年前、ピッチレポーターのオーディションに合格するまでは
ずっとこのあたりの席から見ていました。


後半しか見られなかったので、試合全体の感想や印象は割愛しましょう。
ただ、今日の勝利で
試合に「勝つ」ということの感触を
チームのみんなが思い出してくれたらいいなと思います。
posted by ミヤモト at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする