2010年02月27日

切り替え、切り替え!

ちょっぴり考え込むことの多いこの頃ですが、私はいたって元気です!
昨日も、Jリーグキックオフカンファレンスに参加。
来週開幕するJリーグでの熱い戦いに、今から胸が躍ります。


こんなふうに、気持ちを切り替えるのはとても簡単。
もともとがとても前向きな人間なので。
だから、何が起きても仕事には全く支障ありません。

でもやるべきことが全部終わってふっと気を抜いたときに
いろんな思いがぐるぐるとめぐってしまって
その瞬間は、なんだかちょっとつらいですね。
だから、できるだけずっと仕事をしていたいなあ。なんて。


今日、友人が
「世の中は不条理だらけ。いい人が傷ついて鈍感な人は笑う」って言っていたのを聞いて
それはもちろん私の状況とは全く関係のない話だったけど
それに関連して、いろんなことを考えてしまいました。


たとえば、事故を起こして人を傷つけたり、命を奪ってしまった場合。
被害者側は当然、加害者を責めることでしょう。
でも加害者側は?
ひょっとして、被害者側への謝罪とか償いとかの前に
事故を起こして動揺してしまった心を何とか落ち着けようと、自分を正当化したりすることもあるのかな?
私は事故を起こしたことも、大きな事故に遭ったこともないので、あくまで想像の世界の話だけど。

加害者の周囲の人たちは、
「向こうだって悪いのよ」なんていって加害者を慰めたりするのかな?

被害者の心の傷はいつ癒えるのかな?

当然、加害者だってその先の人生があるんだから、いつか気持ちを切り替えて前を向いて歩いていかなければいけないとは思うけど、
前を向くのは、どのタイミングが正しいのかな?
謝罪が済んだ時? 償いが済んだ時?
何をもって、償いが正しく済んだと認められるのかな?

裁判が済めば、刑期が済めば、それで償いが済んだとされるのかな?
そんなことしなくても被害者の心が救済される手段はないのかな?


ちなみに、私はちょっとしたトラブルが起きた時にすぐ自分のせいにして謝ってしまうので、
事故の被害に遭った時にもきっと
「私が悪いんです」って言ってしまうに違いない。
でも、これ言ったら裁判では負けなんですって?
加害者であっても非を認めないほうが正義なんですって?


うーん。



私にはよくわかりません。
理不尽。


追記:
よく「時間が解決する」なんて言う人がいるけれど、
私にはそうは思えないな。
心の傷は、時間がたてば多少癒えるのかもしれないけれど
時がたてばたつほど、許せない気持ちはどんどん冷えて固まっていく。
だから私はすぐに謝っちゃうんだけど。

逆に、ヒドいことされてもすぐ謝られたら許しちゃう。
起きてしまったことは取り消せない。でもそこからやり直すことならできるから。
時間がたてばたつほど許せなくなってくるけどね。
まして、自分たちの罪の意識をお金で何とかして誤魔化そうなんていう人間は、軽蔑の対象。
どんな立派なオシゴトをしている人でもね。

posted by ミヤモト at 18:15 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

大好きだよ

いろんな仕事をしているので、いろんな人に接する機会があります。
肩書き的にも様々だけど、性格というか、人格的にも様々。

でも、仕事とはいえせっかく出逢えたのだから、できるだけその人のことを好きになりたいし、私のことも好きになってほしい。

けれどなかなかそうはいかず、私のことが大嫌いになってしまう人も残念ながらいます もうやだ〜(悲しい顔)

先日、その人とのやり取りをスムーズにするために話し合いの場を持ちました。

最初は、「そんなに嫌いならもう結構です」と、お付き合いをお断りするつもりで出掛けたのだけど・・・
いまここでその人を突き放したら、この先ずっとその人は同じことを繰り返してしまうのだろうなあと思って、なんとか少しでも関係を修復するべきではと、考えが変わってきました。

でも、どうしたら上手く伝えることができるだろう?
そうだ、逆の立場を考えてみよう。
私が大嫌いな人からどう言われたら、考え方を切り替えてその人に心を開くことができるだろう?

う〜ん・・・








無理です。
だって、私は嫌いな人がいないから。


あなたと闘うつもりは全くない。私は敵ではない。
あなたの役に立ちたい。
そういう心の内をまっすぐ伝えるしかないなと。真摯で誠実なまごころで伝えたら、きっと相手だってわかってくれるさ。

そう思っていろんな言葉を尽くしてみたのだけど
なんとなく打ち解けられたような雰囲気にはなったけど
その人の話は、次から次へと矛盾した事ばかりが続いていく。
察するに、その人自身の考えというよりは、誰かから吹き込まれた考え方に固執しているみたい。

そして最後には、「私の親が、宮本さんのことすごく憎んでいるんです」
ううー。この人は本当に、私を傷つける天才です。
打ち解けた空気の中で出た発言でコレですから。
私、ご両親にお会いしたこともないのに。

そんな人とはもう関わらないほうがいいとみんなに言われるけれど
その通りだなあと私も思うけれど
それでもなんだか放り出すことができないのは
昔の私に似ているからかもしれないなあ。
私が歩んだ失敗の道を、そのままこの人も通るんじゃないかと。
あの頃の私は、間違った道を歩いていることを教えてくれる人がいなくて
誰か、信頼できる人がいてくれたらよかったのにな、なんて今になって思うこともあるから。

でも、失敗しないと気が付けないものなのかもしれないね。
いくつ失敗を繰り返しても本質に気づけない人もいるしね。

なんだかすごく歯がゆいなあ・・・。

20100222135351.jpg

先日、家族で出掛けた大島でみた断層面。
積もり積もったものも、長い時間をかければ美しい文様になってゆくのかな?

posted by ミヤモト at 17:55 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

Happy Valentine!

ノロに苦しんで、ここ数日の記憶がほとんどありませんがあせあせ(飛び散る汗)

気がつけば今日はバレンタインということで。
せっかくこのブログをごらん頂いたみなさまにちょこっとチョコのおすそ分け。

TS3P0075.jpg

先日行われた、石田ショーキチさんのイベント『G.A.W』にRaiji&Chipsが出演した際に、CDを会場で買ってくださったかたにお配りしたチョコです。
中身は森永の「カレ・ド・ショコラ」。

Raiji&Chipsのアルバム『KINGDOM』ジャケットをデザインしました!

チロルチョコにオリジナルデザインをほどこすデコチョコは、もうすっかり定番になっていて、それじゃああまりにも普通すぎて・・・ねぇ?

というわけで、よなべして作りました。

みなさん、ひと目見るなり「かわいい〜〜〜黒ハート」って喜んでくださったので、頑張って作った甲斐がありました!

手前にあるのは、弊社第2弾アーティスト、ネクライフのアルバム『アヴァターラ』(2/27リリース)のジャケットのチョコです。



素敵なバレンタインを!

posted by ミヤモト at 12:24 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

恩知らず

前回の日記に、あんなこと書いておきながら・・・


書き終えて、珍しく早めに就寝すると、その数時間後。
しばらくしてとんでもない吐き気&下痢。まるで痙攣するみたいに吐き続けて背中じゅうが痛い。

・・・はい。ノロにやられてしまいました ふらふら 

吐いてたときは熱がなかったので、このまま症状が治まれば大丈夫・・・と思っていたら

明け方になって発熱。38.7度。

これはさすがに・・・ということで、参列を断念しました。
このタイミングでこの惨状とは、なんて恩知らずな奴。


ああ・・・本当にお世話になった人だったのに。
結局丸2日半寝て、熱も下がったけれど、胸が痛んでしょうがない。


ところで、ノロって食中毒じゃなかったの?
前回はあきらかにカキが原因だったけれど、今回は、家で同じものを食べているダンナには全く症状はないので、外食が原因だと思うけれど、電源を使いたくて入ったファストフード以外に(電源を貸してくれるテーブルがあるんですよね、最近は)、たいした外食もしていないんだけどなあ。

ツイッターで「食事は関係ない」と指摘してた人がいたけど、ほんとかな? ちなみに、手洗い&うがいはちゃんとしてますよ、家では。新型インフルエンザ対策でもありますからね。
 
どうか皆様も、くれぐれもお体をお大事に!

TS3P0072.jpg
現在、倉庫と化している我が家の一室。
2月3日発売のRaiji&Chips『KINGDOM』に続いて、
弊社第2弾アーティストのネクライフが、
2月27日に1stアルバム『アヴァターラ』をリリースします。
posted by ミヤモト at 21:14 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

2009年を振り返って その1

新しい年が明けてもう2週間になろうとしていますが
いまさら2009年をちょっと振り返ってみます。

2009年、我が家でもっともヒットした商品。それはコレ。

パルム.jpg


や、これ本当においしいのよ。
我が家では冷凍庫に切らしたことがありません。

事の起こりは、ちょっと意外かもしれないけれど、童子-Tさんに薦められたこと。
取材のときに、なんか唐突に「最近ハマってることがあってさあ…」と切り出されて、勧められたのがきっかけ。そのおススメっぷりが本当においしそうで、とっても気になっていたのです。

で、人の影響を受けやすいダンナが即購入。

最初に食べたのは、スタンダードなチョコ&バニラ。食べたときには「うーん。確かにまずくはないけど、そこまでおいしいか??」ってくらいだったんだけど、お手ごろな値段ということもあっていつの間にかヘヴィ・ローテーションに。

そしてハマりまくってしまったのが、写真の、秋に新商品として発売された「バニラホワイト」!!!

こっちも、最初食べたときには「まあ、まずくはないけどね…」くらいの印象だったのが、今や、朝起きたら一番最初に食べたいと思ってしまうくらい。
もともとミルク味のアイスが好きだったってこともあるけど、ホント、このアイスは丁寧に作られていて、繊細なミルクの味わいがたまらないのです。

落ち込んだり、カリカリイライラしてもこのアイスを食べるとなんだかほんわかした気分になってしまうくらいの素敵な一品。いや逸品。

たしか、チョコ&バニラを最初に食べたのは5月ごろだったけれど、夏が過ぎて秋になって、布団から出るのがイヤになるくらいに寒い冬になっても、やはり我が家の冷凍庫にはパルムが常備されていますぴかぴか(新しい)

そうそう。ケミストリーの堂珍さんも、やはり童子-Tさんにパルムをすすめられたとおっしゃってました。
童子-Tさん、ホントにパルムがお好きなんですねー。


そうしているうちに、いろんな雑誌やウェブの記事にも取り上げられて、パルムはちょっとしたヒット商品に。そりゃおいしいから当然なんだけど。でも、ちょっと困ったことが。

以前は6個入りのファミリーパックしかなかったんだけど、ヒット商品になってからというもの、一個売りのパルムまで登場して人気はますます上昇しているようで、それはそれでいいんだけど、

うちの近くのコンビニは、1個売りのパルムのほうに力を入れてしまって(?)、これまでのファミリーパックの入荷量が減ってしまったのですあせあせ(飛び散る汗)
しかも、たまに商品が補充されたと思ったら、定番のチョコ&バニラ味で。
私の大好きなバニラホワイトチョコ味に、なかなかめぐり合えなくなってしまいました。。。。悲しい。。。

でも、まだまだ我が家のパルムブームは続きそうです。
posted by ミヤモト at 22:14 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする