2010年01月07日

前橋なう

TS3P00320001.jpg
宣伝のためFM群馬へ。久しぶりに懐かしいみなさんにお会いしました。
posted by ミヤモト at 15:07 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

SAグルメ

昨日、「今年の初仕事」を終えた後、そのまま東名を西へ。実家に帰省です。

下りならそんなに渋滞しないだろうと思っていたのだけど、とんだ見込み違いで、東京―浜松が6時間もかかってしまいましたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

 

で、普段なら浜松に近いのでめったに止まらない牧の原SAで小休憩。
ここはお茶どころの牧の原台地にあるだけあって、給茶サービスのお茶もとっても美味しい・・・というイメージしかなかったのだけど、

食堂と売店がとっても充実していました!

中でも、ものすごく気になったのが、コレ。
20100102174400.jpg

ソフトクリーム黒ハート
・・・でも、「みたらし??」「わさび??」目

しかもわさびソフトは、田丸屋のわさびを使用、ですって。
静岡じゃ有名なお店なんですよ。田丸屋のわさび漬けは絶品。

20100102174513.jpg

というわけで、買ってしまいました!誘惑には勝てないるんるん
わさびのピリっとした風味がほのかに感じられました。
でも、ミルク成分のおかげでいやな刺激には感じられません。美味。
わさびの好き嫌いはあると思いますが、からくはないので、オススメです。

ところで、もうひとつの「みたらしソフト」。
こんなバリエーションもあるみたいです。
20100102174645.jpg

想像できますか??
私には想像できませーんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
勇気のある方は試してみてください?!


今日は一日、実家でのんびりして(でも原稿も書いたりして)
明日、東京に戻ります。正月休みなんてあっちゅーま。

posted by ミヤモト at 22:12 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます


多摩川の初日の出。
水面から蒸気が立ち上るほどの寒さでしたが、
ぴりっと、身が引き締まる思いがしました。

20100101065634.jpg

振り返ると、富士山もキレイに見えました。
写真には撮れなかったけれど、美しい満月も。
西の空に沈むほんの数時間前には、月食で少し欠けていたのですが
さすがに起きていられなかった・・・

日が昇り、月が沈む。
そんな当たり前なことにも自然と感謝の念を抱かずにいられない1月1日。
この気持ちを忘れずに、この1年を過ごしたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by ミヤモト at 08:32 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ありがとうございました2009

ずっと更新できないまま、気が付けば2か月近く経ってしまいました。
さすがにこのまま年を越しちゃいけないだろうと思って、駆け込みで更新です。
長いこと更新できなくてすみません!

今までなぜ更新できなかったのかというと
とても良いお知らせを書き込もうと準備していてタイミングを見計らっていたのだけれど
時間がたつにつれてどんどん雲行きがあやしくなってしまって。
いまでもまだ気持ちの整理がついていないし、
どのようにリスタートさせるのがいいのか、
あるいはリスタートさせるよりもこのまま続けていくのがいいのか
自分自身のことだけでなく多くの人が関わっていることでもあり
私の意志だけではどうにもならないこともあるので、
どうするのが一番いいんだろう? とずっと考え続けていたのです。

そんな気持ちの状態だったので、楽しくブログを更新することもできず。
更新がないことでご心配をお掛けした皆様には本当に申し訳ありませんでした。

本当は、立ち止まって動けない状態は性に合わないので
どんどん気持ちを切り替えて前に進んでいきたいんですけれどね。


まあ、そんなこんなもすべてひっくるめて、
2009年はいろいろな意味で、とても良い勉強をさせてもらいました。

2010年は、もっと人の役に立つことをしたいなあと考えています。


つらいこともたくさんあったけれど、
2009年は素敵な出会いもたくさんありました。
改めて素晴らしさを再発見したことも、たくさん。
そんな2009年の振り返りは、例によって
年が明けてから、少しずつやりたいと思います。

明日からは、気持ちも新たにちょこちょこ書き込みますね。
いや、今度は本当に!


2009年、今年もほんとうにありがとうございました。
2010年があなたにとって素敵な1年になりますように!
posted by ミヤモト at 22:31 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

プロとアマチュア

091101_1121~01.jpg
ナビスコ杯決勝直前。
秋晴れの今日は、小平の練習場がサポーターで大賑わいでした。

練習での紅白戦でも、まるで味スタかサテライトの試合かのように
良いプレーには拍手、惜しいプレーには「あ”〜〜〜バッド(下向き矢印)」という声が自然に響いて
いつもの練習場とはちょっと違った雰囲気になっていました。

でも、この雰囲気も今野選手によると「ちょうど良い緊張感」なのだとか。
大一番の決戦を前に、張り詰めた空気は漂いつつも、
浮き足立っている様子はまったく感じられません。
このままの自然体で、持てる力を100%出して、勝利をつかんでほしいものです。


さて、ちょっと話はそれますが。
最近よく「プロ」と「アマチュア」について考えさせられます。
たとえば音楽のことで考えた場合、
一般には、メジャーデビューしていたら「プロ」、
していないと「アマチュア」という括りになるのかもしれませんが、
今や、メジャー契約していなくてもクオリティの高い楽曲を生み出すアーティストはたくさんいるし
その人たちの作品をメジャー並みの品質で製品化するだけの技術も身近なものになってきて
単純に「アマチュア」と言い切れない作品が多く世に出回ることが可能になってきました。
メジャーレーベルと契約していることが「プロ」である必須、という時代ではなくなってきているのかもしれません。

では「プロ」と「アマチュア」の違いって何?
引き続き音楽のことで考えてみると、
「お金を出してその作品を手にしてくれる人に対しての責任を意識できる人」がプロなのではないかと
私は考えます。
アーティストだから、創作意欲や表現欲が内側から湧き上がってくるのは当然だし、
それを自分の思うがままに、自由に表現したいという気持ちがあるのも良くわかります。
ただ、それを自分本位で作り上げてそれに値段をつけて売る、というのは
どんなにクオリティが高いとしても、それは「アマチュア」のレベル。
「プロ」であれば、自分の作品を世に送り出すことの影響にまで意識が届いていなければダメ。

Raiji&Chipsというバンドは、楽曲も演奏もとても素晴らしく、
だから私は会社を興してまで彼らをバックアップしているのだけれど
どんなに言っても、その「プロ意識」の部分が甚だしく欠落していて
その点がとても残念。
自分の身の回りの人だけではなく、
知らないところでお金を払って作品を手にしてくれる人に思いを馳せることができるようになれば
彼らの音楽はもっともっと多くの、遠くの、人にまで届くはずなのに。
クオリティが高い分、あまりの意識の低さが本当にとても残念。
posted by ミヤモト at 21:35 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。