2009年10月31日

プロとアマチュア

091101_1121~01.jpg
ナビスコ杯決勝直前。
秋晴れの今日は、小平の練習場がサポーターで大賑わいでした。

練習での紅白戦でも、まるで味スタかサテライトの試合かのように
良いプレーには拍手、惜しいプレーには「あ”〜〜〜バッド(下向き矢印)」という声が自然に響いて
いつもの練習場とはちょっと違った雰囲気になっていました。

でも、この雰囲気も今野選手によると「ちょうど良い緊張感」なのだとか。
大一番の決戦を前に、張り詰めた空気は漂いつつも、
浮き足立っている様子はまったく感じられません。
このままの自然体で、持てる力を100%出して、勝利をつかんでほしいものです。


さて、ちょっと話はそれますが。
最近よく「プロ」と「アマチュア」について考えさせられます。
たとえば音楽のことで考えた場合、
一般には、メジャーデビューしていたら「プロ」、
していないと「アマチュア」という括りになるのかもしれませんが、
今や、メジャー契約していなくてもクオリティの高い楽曲を生み出すアーティストはたくさんいるし
その人たちの作品をメジャー並みの品質で製品化するだけの技術も身近なものになってきて
単純に「アマチュア」と言い切れない作品が多く世に出回ることが可能になってきました。
メジャーレーベルと契約していることが「プロ」である必須、という時代ではなくなってきているのかもしれません。

では「プロ」と「アマチュア」の違いって何?
引き続き音楽のことで考えてみると、
「お金を出してその作品を手にしてくれる人に対しての責任を意識できる人」がプロなのではないかと
私は考えます。
アーティストだから、創作意欲や表現欲が内側から湧き上がってくるのは当然だし、
それを自分の思うがままに、自由に表現したいという気持ちがあるのも良くわかります。
ただ、それを自分本位で作り上げてそれに値段をつけて売る、というのは
どんなにクオリティが高いとしても、それは「アマチュア」のレベル。
「プロ」であれば、自分の作品を世に送り出すことの影響にまで意識が届いていなければダメ。

Raiji&Chipsというバンドは、楽曲も演奏もとても素晴らしく、
だから私は会社を興してまで彼らをバックアップしているのだけれど
どんなに言っても、その「プロ意識」の部分が甚だしく欠落していて
その点がとても残念。
自分の身の回りの人だけではなく、
知らないところでお金を払って作品を手にしてくれる人に思いを馳せることができるようになれば
彼らの音楽はもっともっと多くの、遠くの、人にまで届くはずなのに。
クオリティが高い分、あまりの意識の低さが本当にとても残念。
posted by ミヤモト at 21:35 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

久々の前橋

091015_0920~010001.jpg

今日は前橋でとある企業の司会。


駅前の風景、かわらないねー。なつかしいなあ。

posted by ミヤモト at 09:32 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

2016年!

明日の、FC東京サッカー中継の準備で小平グラウンドで取材!
今日はジリジリと太陽の照りつける、とても暑い一日でした。

そんな中でも、明日の先発出場が予想される鈴木達也選手は、元気いっぱい。
なんでも、最近ボールの蹴り方を少し変えてみたところ
今日になってとても良い感触を得るようになったとか・・・!

遠慮がちに
「あ、でもこの話は、明日キックがうまく決まったら使ってください〜!」
なんて言っていたけれど、
明日はきっと、直接であれ間接的であれ、
彼の献身的なプレーから多くのチャンスが生み出されるはず!


・・・と、取材を続けていたら、練習場の片隅に広げられた真っ白な布が。
実はよく見ると、真っ白ではなくて真中に「2016」の文字が。
2016年東京オリンピックの誘致を目指している有志が
FC東京の選手にも寄せ書きをしてもらおうと持ってきてくれたもののようです。

練習を終えて引きあげる選手たちが、快くサイン&寄せ書きに応じてくれてました。

で、「せっかくなので記者の皆さんも・・・」と勧められて
遠慮なく、こんなのを書かせていただきました。
「2016」の“6”の文字の輪の中、というとても目立つ場所に・・・

090925_1310~01.jpg

・・・宣伝?! ねえこれ宣伝なの?!
と、訊かれたらちょっと困ってしまいますが わーい(嬉しい顔)

ちなみにこの弾幕は、2016年の開催地が決まる10月2日に、
IOCの総会が開かれるコペンハーゲンに持ち込まれるそうです。

みんなの思いをのせた弾幕が活躍するのかどうか、
10月2日はニュースから目が離せません!
posted by ミヤモト at 23:52 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

『引き出しの中のラブレター』

hikidashino-nakano-Loveletter.jpg


映画『引き出しの中のラブレター』の、完成披露試写会に行ってきました。

これがもう、号泣につぐ号泣!!
常盤貴子さん演じるラジオパーソナリティが、とある少年からのお便りをきっかけに、
自分自身の「大切な人」との関係を見つめなおしたことから
「伝えたかったのに伝えられなかった想い」をリスナーから募り、
それを紹介する番組を企画する・・・というのが柱となっているストーリーなのだけれど、

登場するたくさんの人々のドラマが同時進行する群像劇にもなっていて
それが少しずつシンクロしあいながら、
それぞれが抱えた問題を通して、大切な人への想いに気づいていくというストーリーです。

ラジオのシーンでは、実際の現場を知るものとしてはちょっと違和感を感じることも多かったし、
ストーリーも出来すぎなくらいに整然としていて都合良すぎる感じもあったけれど

そんなことは些細なことに思えてしまうくらい、この映画は感動的。
登場人物それぞれの、大切なひとへの「感謝」の気持ちがたくさん詰まった作品です。

10月10日全国公開だそうです。
オススメです。ぜひご覧になってください。


この映画を見ていて連想したのは、
阿部真央ちゃんの「伝えたいこと」という曲。

「ありがとう」伝えたいことがあるのなら、
意地を張ってちゃいけないぜ
いつも以上に素直になって、自分の口からしっかりと言えー!Yeah− Yeah-
まだ迷ってるそこの君にひとこと言っておくが、
口にしなきゃ伝わらないことのほうが多いぞ?
口に出せば、何か、何か変わるかもしれんぞ?   (阿部真央「伝えたいこと」より)
全然映画のトーンと曲調は違いますが(笑)、
でも、伝えたい思いはちゃんと、口にするなり文字にするなりして
相手に伝えないと、いつか後悔しますよね・・・。


さて、今日の試写会は仕事の都合でお招きいただいたのですが、
フリーアナウンサーの田畑智佳子さんとご一緒させていただきました。

田畑さんといえば、私がFM群馬でsite9-11を担当していた頃、
早朝の「SKY」という全国ネットの番組に出演されていた方。
実物の彼女は、超スタイルの良いチョー美人!!
試写会のあとに一緒にお茶したんだけど、その写真はないの。ごめんねー。
posted by ミヤモト at 23:16 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

コメントの停止について

いつもこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。


いろいろ考えましたが、しばらくコメントの書き込みを停止させていただくことにしました。


ブログの更新回数が増えると、どうしても、関係のない迷惑コメントが多くなってしまいます。


いろいろ対策を試みましたが、やはり24時間体制で監視するのは難しい状況です。


大変申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

posted by ミヤモト at 10:11 | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする